おでかけ

幌加内厳寒清流さらし蕎麦は今のうち!

全国の幌加内そばファンの皆さんこんにちは!

せっかく北海道に移住したからには、だだっ広い北の大地を周ってみたいと思うのは人の性でしょうか。ただいきなり北海道一周は辛いので、ヘタレな我ら夫婦は細切れに北海道を巡ってトータルで一周することにしました。

北海道の道の駅では道内道の駅のスタンプラリーが開催されており、スタンプブック(200円)を購入して道の駅スタンプを集めるといいことがあるということで、道の駅スタンプ完全制覇!をモチベーションに頑張ります。

今回は旭川を北上して、今の時期限定の「厳寒清流さらし蕎麦」を食し、その後は道の駅に寄りながらその場で観光地を決め、テキトーに行けるところまで行って、夜は車中泊のプラン(とは言えませんが)としました。

↑ひたすらスタンプを集めまくる!

 

廃線跡マニアは凄かった

幌加内町へは旭川から車で1時間ちょっと。かつて住んでた埼玉と違って渋滞が全くなくて何時も出掛ける時は予定より早く着いちゃいます。今回も早く着きそうだったので、国道からちょっと入ったところにある深名線(〜1995年)の廃線跡を覗いてみることに。

するとほぼ同時に廃線好きと言うおっちゃんがやってきて、少しお話して保存されている鉄橋の写真を撮ったかと思ったら、その線路があったとされる先の草むらの中へザクザク入っていってしまいました。山深いところではないのでクマは出ないかと思いますがなかなか勇敢な姿でしたねぇ。

一方我々は近くにある道の駅「森と湖の里ほろかない」でスタンプを押して、目的とする蕎麦屋へ向かいました。

緑の中の旧深名線鉄橋

 

寒ざらし蕎麦とは?(幌加内町観光協会HPより)

秋に収穫した新そばを大寒の日に冷たい清流にさらし、灰汁を抜き、立春の日にこれを引き上げます。その後の晴天続きを見計らい、山間の寒い風と真冬の紫外線の強い太陽光線でさらして乾燥させる、自然の力を利用した保存法で、江戸時代に徳川家に蕎麦を献上するために考案された保存法です。厳寒の自然の力を利用して、灰汁を抜き、虫やかぶれから蕎麦を守り保存する昔ながらの生活の知恵でもあります。寒ざらしされたそばの実は、通常の蕎麦よりも甘みのあるのどごしの良い蕎麦になると言われています。

 

お気に入りの幌加内蕎麦

以前幌加内蕎麦を食べに来ましたが香りや歯応えが凄く気に入りました。今回目指したのは「霧立亭」というお店でしたが、厳寒清流さらし蕎麦は6月14日〜28日まで、しかも1日20食の限定品ということで競争率が高そうです。

開店の10分前に到着しましたが既に1人の先客が、そして後からも2人が来たのでさらし蕎麦目当てかと思いきや、どちらも開店して注文されたのは通常の蕎麦でした、あれれ?もちろん我々は厳寒清流さらし蕎麦を注文、そして比較のために通常の蕎麦も注文しました。

↑見た目も涼やかな厳寒清流さらし蕎麦

 


↑左の太めのが通常の蕎麦 右の白くて細めなのが厳寒清流さらし蕎麦

 

ツルりと爽やか癖のない味でした。水のように飲みやすいと例えられる上質な日本酒のようと言った感じでしょうか。麺自体が細いので通常の蕎麦ほどの歯応えはありませんが、それでもしっかり歯応えはあります。

一方で通常の蕎麦は香り薫る歯応えしっかりの蕎麦らしい蕎麦です。こちらは上質な日本酒でもコメの味しっかり系。そして何より蕎麦ツユが美味しかった♪お陰で蕎麦湯も最後の一滴まで充分に味わうことが出来ました!やっぱ幌加内蕎麦は美味いなぁ。通常の蕎麦が充分美味いので開店前に並んでいたのも納得ですね。

 

 

限定品ですよ

何度も言いますが厳寒清流さらし蕎麦は期間・数量限定の貴重品です。競争率が激しくなかったのは郊外の店だったからかもしれません。その他の2軒は街中にあるのでもしかしたら混んでるかも。食べたくなった方はお早めに。まぁ売り切れてても通常の蕎麦で充分美味しいと思いますが(笑)。

 

そしてあてのない旅は続く・・・

あわせて読みたい
北海道の日本海側ドライブ。全国の道北ファンの皆さんこんにちは! 幌加内蕎麦を堪能したあと、取りあえずは最北の地・稚内を目指すことにしました。内陸を通って稚内...

 

ABOUT ME
ken2
北海道旭川在住の40代ヒゲボウズ。2017年に埼玉から移住してきました。 旭川/移住の情報を中心に発信します。 趣味はスノーボードとロードバイク。旭川はどちらをするにも最高の環境ですよ♪ 北国のゆる〜いミニマリスト!そしてヒュッゲ!