ガジェット

[DIY]SUBARU XVで車中泊するためのベッドをDIYしてみたよ♪

ken2
ken2
 全国の車中泊ファンの皆さんこんにちは〜!

 

昨年北海道に移住して以来、スバルXV (GP7) で車中泊しながら道内旅行しています。

あわせて読みたい
ぐるり日高・十勝車中泊の旅(その1)。全国の日高・十勝地方ファンの皆さんこんにちは! 先週道東の車中泊旅してきたばかりなのですが、3日間予定のない日が出来たので北海道日...

 

さてアイキャッチの画像でお分かりの通り、スバルXVはミニバンに比べて天井までの高さが低いので車中泊にはやや不向きな車。でもお陰で走りは安定しており、運転支援システムのアイサイトと相まって北海道の長距離ドライブはとても楽ちんです。そして室内もリアシートを倒せば長さ175cm・幅110cmくらいなので広さとしては十分です(私の身長は170cm)。したがって車内で寝るだけであれば快適な車中泊旅が出来るのです。

 

XVのフルフラット化大作戦

しかし少々問題があって、リアシートを倒した時にトランクスペースと6cmほどの微妙な段差が出来てしまうこと、リアシート足元に空間が出来てしまいます。これまでは段差は厚さのあるクッションフロアパネルで、足元空間はヘッドレストで埋めてその上に普段使ってる布団を敷いてましたが、完全なフラットではないのでちょっと寝にくい・・・。

そこで下の図のように当て木で高さを調整し、その上に板を載せてフルフラット化させることにしました。

スバルXVのフルフラット化作戦!

 

ただし1枚板だとリアシートが全く使えなくなってしまうので、リアシートを戻しても使えるだけの長さに板を分割しました。長さ75cmの板2枚と余りの約16cmの板1枚の3枚で長さは計166cm。私の身長170cmより短いですが、身体とベッドとの接地面は短いので行けるはず!

市販の規格合板をカットしたのですが、室内幅を目一杯利用するため板幅を110cmとしたため、結構余りが出来ちゃいました。勿体無いので余りの板で何か作ろうかな・・・。

 

レッツDIY!ただし木のカットは機械におまかせ

早速材料を買いにホームセンターへ。合板そのままだと当然痛いので何かクッションになるものを探したところ厚さ10mmのラバーシートを発見!適度に硬さがあるしゴム臭さもないのでクッション材はコレに決めました。そして上に貼る布は耐久性も考えて200mm×110mmのデニム生地に決めました。6cm段差を解消する当て木は1辺63mmの2×3材(ツーバイフォー材の仲間)で決まりです!

合板と2×3材はホームセンターでカットしてもらいました。このホームセンターではどデカい機械を使ってのカットが直線1回で50円でした。機械でやってもらったほうが早いし確実ですね〜。

クッション用のラバーシート 固すぎず柔らかすぎず丁度よい感じ♪

 

さすが機械は早いですね〜! あっという間にスパスパ切っていきます

 

合板と2×3材とデニム生地 奥の赤いのはタッカー(布を固定する大型ホッチキス)

 

タッカー・タッカー針は知人からの借り物です

 

合板にラバーシートを貼り付けてデニム生地を被せてタッカーでバチンバチン!

 

1枚完成!水色の部分は家に余っていた100均の滑り止めシートです

 

サイズぴったり!なベッドが出来上がりました♪

さてさて早速クルマに載せてみましょう!

おぉ見事ピッタリですね。床の段差や凸凹が解消され、フロントシート後ろまでフルフラットになりました。クッションのお陰でお尻や身体が痛くなることもないですし、デニム生地も適度な柔らかさでいい感じです。

おお!見事にフルフラットになりました ゴムシートでクッションもバッチリ!

 

段差解消の2×3材はこんな感じ 笑っちゃうほど高さピッタリ!

 

次は椅子を戻してみました。こちらも計算通りピッタリ・・・いやピッタリすぎて板を動かすことが出来ません(笑)。板下の2×3材の隙間を収納スペースにしようと考えていたのですが、この状態では出し入れしにくい結果に。74cmにしとけば良かったかな〜。まぁ出し入れ少なくて小さいもの入れにでもしますか。

シートを戻した時はこんな感じ 長さ75cmだとキツキツでした〜!

 

ベッド作成にかかった費用

それではDIYベッド作成に掛かった費用を纏めてみましょう。

合板(1820mm×910mm×12mm) 2枚・・・約1,000円×2

2×3材(1820mm×38mm×63mm) 1本・・・約800円

カット費用 10ヶ所・・・50円×10

ラバーシート(1820mm×910mm×10mm)・・・約1,700円

デニム生地(200mm×110mm)・・・約700円

タッカー・タッカー針・・・借り物なのでタダ

合計・・・約5,700円

だいたい6,000円で出来ちゃいました。合板のカットはしなくていいのでカッターやハサミでラバーシートやデニム生地を切るだけの簡単な工作です。タッカーさえあれば簡単に出来ちゃいますよ。タッカーもそんな高くありません。

 

DIYベッドで車中泊に行ってきました

DIYベッドを積んで車中泊に2回行ってきました。ベッドの上で寝袋使って寝ましたが非常に快適でした!以前のクッションフロア使っての段差対策では完全なフラットではなかったり、硬いところと柔らかいところがあって寝返りがうちにくかったのですが、ほぼ一枚板なのでバッチリ寝返り出来ました。私にとって縦の長さも充分で斜めに寝なくても大丈夫。車中泊でも熟睡出来ましたよ!

両方とも温泉やレストランが併設している道の駅などを利用したのでクルマの中ではほぼ寝るだけ。寝るだけなので天井の低いXVでも充分快適でした。またリアシートを戻す事もできるので座って食事を摂ったり飲酒をして、寝る時にベッドメイクして寝ればこちらも問題ないかと思います。大変ですが車外に出なくてもベッドメイク出来そうなので雨の日もOK。

宿泊代が抑えられるだけじゃなく自由気ままな車中泊旅!真夏は熱くて厳しいですが、涼しくなってくる秋は絶好の季節ですよ!

ken2
ken2
 レッツ車中泊!

 

 

ABOUT ME
ken2
北海道旭川在住の40代ヒゲボウズ。2017年に埼玉から移住してきました。 旭川/移住の情報を中心に発信します。 趣味はスノーボードとロードバイク。旭川はどちらをするにも最高の環境ですよ♪ 北国のゆる〜いミニマリスト!そしてヒュッゲ!