防災情報

[北海道胆振東部地震]大規模停電で感じたバッテリーの必要性と購入時に気を付けたいこと

先日起こった平成30年北海道胆振東部地震では、震源近くだけでなく北海道全域で大停電(ブラックアウト)が発生しました。

ココ旭川は幸いにも地震による建物等の被害はなかったものの、我が家も24時間以上の停電となりました。しかし先日購入したポータブル電源が、スマホを充電したりLED照明を照らしたりと大変活躍してくれて助かりました。

地震直後から街中のお店でバッテリーが売り切れたり、スマートフォンの充電サービスには長蛇の列が出来たそうなので、災害対策としてバッテリー購入を考えてる方に気を付けたいことを纏めてみました。

3行まとめ

  1. 停電時はポータブル電源が大活躍しました!
  2. バッテリーは容量だけじゃなく充電速度(満充電までの時間)もポイント!
  3. 長時間停電にはソーラーパネルやカーチャージャーなどセルフ充電の方法も検討が必要!

 

モバイルバッテリーとポータブル電源

バッテリー・予備電源にはモバイルバッテリーポータブル電源の2種類の呼び方のものがあります(ただし明確な定義ではありません)。

モバイルバッテリーはその名の通り持ち運びしやすい大きさ・重さのもので、容量は26800mAh(約100Wh)以下、USB充電・USB出力のものです。

 

ポータブル電源は気軽にモバイルは出来ませんが、容量は26800mAh(約100Wh)以上で、ACアダプタから充電してUSBだけでなくAC出力もあるものです。

 

容量の26800mAh(約100Wh)というのは飛行機の持ち込み制限の区切りで、これ以上のポータブル電源は持ち込み制限が掛かります。

モバイルバッテリーは平常時でも使える場面が多いものの、1日を超える停電にはやや不安。一方超大容量ポータブル電源は停電時にとても安心ですが、高価格でサイズも大きいため、キャンプやアウトドア、車中泊の趣味がない限り持て余してしまうかもしれません。

ただ容量の小さいモバイルバッテリーでも、ソーラーパネルカーチャージャーと一緒に使うことによって有効的に使うことが出来ます(記事後半に記載)。

 

先日購入したポータブル電源が大活躍

↓先日車中泊用にこのポータブル電源を購入しました。

モバイルバッテリーとポータブル電源の間な感じですね。この製品はAC電源が使えるのでポータブル電源と呼ばせて頂きます。

スマホの電池容量を3,000mAhとしたとき、このポータブル電源なら8回以上のフル充電が可能。そして5WのLED電球も余裕で照らします。

 

またこのポータブル電源の特徴は、小さな家電に限るもののコンセントが使えるところ。我が家のネット環境はWiMAX2+のホームルータ(回線工事不要)なので、このポータブル電源にルータのコンセント刺すだけで停電中でも家のWifi環境が整います。電気が復旧するまではコレでabemaAVyoutube日テレNEWS24のライブ配を見て情報を得ていました。

左がWiMAX2+のホームルータ 右がポータブル電源 お陰で普通にノートPC使えました

 

もちろん基地局が被災するなどして通信障害が起きるとこれも使えません。実際道内ではWIMAX2+の通信障害があったようで、旭川でも地震当日午前中に繋がり難い時間帯がありました。

そのあいだdocomo回線は生きていたのでスマホで情報収集をしていました。因みに3大キャリアではなくIIJmioという格安SIMサービス(docomo回線のSIMフリー)なのですが、SIMフリーでも電波は全然問題ありませんでした。ただ緊急地震速報が鳴る設定にしてる筈なのに鳴らなかったんだよな・・・なんでだろ?

なおこのポータブル電源は100Wh以下・重量1.2kgなので、ギリギリモバイル出来るレベルかな〜と思います。小さなカバンには入りませんが、ノートPCと一緒にリュックに背負えばノマド生活できそうですね。

 

オススメのバッテリー容量と容量以外の注意点

ところでバッテリーは容量とともに確認したいのが充電スピード。私の持っている2つのバッテリーのスペックは下記のとおりです

種類 モバイルバッテリー ポータブル電源
バッテリー容量 16,800mAh 26,800mAh
満充電までの時間 8~9時間 3~3.5時間
充電方法 microUSB ACアダプタ

ご覧のようにバッテリー容量の大きなポータブル電源の方が、およそ1/3も早く急速充電でちゃいます!ACアダプタからはmicroUSBより大きな電流を流せるからです。充電スピードが上がると、充電し忘れた時や出先のコンセントを借りるときでも、短時間でより多くの充電が出来るのでありがたいですね。ACアダプタは多少邪魔でもありますが(笑)。

最近の一般的なスマホのバッテリー容量は3,000mAh前後です。スマホで情報を集めようとするとバッテリー消費が激しいので、先程のモバイルバッテリーで紹介した10,000mAh程度あれば、スマホを3回程度充電出来て容量的にも持ち運びにも便利でオススメ。またこのバッテリーは同容量の旧型より急速充電が可能。旧型より値段は少し高いですが充電スピードは魅力的です。

 

20,000mAh以上になると重さやサイズも大きくなるので、スマホ用とするにはちょっと邪魔かもしれません。ただUSB Type-C(USB PD)でパソコンに給電出来る物があるので、こちらはノマドワーク用バッテリーとして普段でも使うことが出来ます。充電もUSB Type-Cで急速充電できるので、ACアダプタでなくてもでも充電スピードは早いです。

 

持ってると便利な急速充電の知識

今回の停電のニュースでビックリしたのが、スマホ充電場所での大行列!順番が回ってきても充電時間は30分程度だそうで(場所による)、急速充電出来なければ並んでる間の分で相殺されるんじゃないかとも思ってしまいます。

通常のスマホ・バッテリーでもコンセントに繋ぐアダプタ(充電器)によって充電速度が変わってきます。100均などで売ってる0.5A・1A程度のアダプタではなかなか充電が進みませんが、2Aや2.4Aのアダプタでは計算上2倍超の速度で急速充電可能。これは普段でも使えるので1つ持っておいても良いかもしれませんよ。ただしスマホ側・バッテリー側も対応している必要がありますが。

 

 

セルフ充電出来ると更に安心

Twitterでフォローさせて頂いているヌーさんが、お持ちのソーラーチャージャーについて書いたブログ記事を読みました。

ソーラーチャージャー(ソーラーパネル)を使ってエネループとiPhoneの充電をしてみたそうですが、かなり充電が出来たそうです。ヌーさんはスマホ充電行列を見て、災害の心労と疲労のなか並ぶことは避けたいと感じたらしいですが、私も全く同じ意見です。

これまで紹介したモバイルバッテリーも電気が無くなって充電できなければただの箱。電気を求めて彷徨わなければいけません。そんな時に自力で充電できれば・・・そのためにソーラーチャージャーがあれば良いかと思います。

 

私はソーラーチャージャーは持ってませんが、セルフ充電の手段としてポータブル電源に付属のカーチャージャーを使ってます。付属のカーチャージャーなら4時間位で満充電になるはず。

また最近の車では初めから付いているUSB端子を使ってもスマホやバッテリーを充電できますが、1A程度で充電が遅い可能性があるので、専用のカーチャージャーを用意したほうが急速充電出来るかもしれません。

 

ソーラーチャージャーは雨の日は使えないし、カーチャージャーもガソリンが必要ですが、自力充電する方法が全く無いよりは遥かに有効です。

災害対策予算の全部をバッテリーに費やすのではなく、バッテリー容量が小さくなってもソーラーチャージャーやカーチャージャーに予算を振り分けても良いかもしれませんね。

 

ただし本当に最後の最後には、手回しラジオを頑張って回します(笑)

最終的にLEDライト付き手回し充電ラジオが情報収集の命綱

 

まとめ

今回の北海道の地震で震源付近の地域では甚大な被害が出ました。現在も救出・復旧作業が行われていますが、まだ終了の目処が立っていません。一方で震源から離れた地域では、停電はしたものの直接的な被害は少なかったです。

また地震前日に関西地方を襲った台風21号の被害でも、数日に渡って停電被害が出ている模様です。

 

個人個人で無理のない範囲で災害・停電への準備をして、まずは被災から3日くらいは自力で暮らせれば、復旧のリソースを本当に必要としている人のところに注ぐことが出来ます。その3日を少しでも不便でなくなるよう工夫しながら、そのためにバッテリーを上手く活用しながら、まずは出来ることから始めましょう!

災害対策(主に停電)にオススメなもの

・普段使いも考えるなら10,000mAh程度のモバイルバッテリー

・macbookなどUSB Type-C機器を持ってるなら20,000mAhのモバイルバッテリー

・大容量ポータブル電源は災害時は最強だけど普段使いしにくい

・容量が小さいバッテリーでもソーラーチャージャー・カーチャージャーを組み合わせれば長時間停電に対応可能

・複数の情報入手手段、複数の充電手段、複数の生活拠点

 

ken2
ken2
北海道胆振東部地震で被害に遭われた方々には謹んでお見舞い申し上げます

 

ABOUT ME
ken2
北海道旭川在住の40代ヒゲボウズ。2017年に埼玉から移住してきました。 旭川/移住の情報を中心に発信します。 趣味はスノーボードとロードバイク。旭川はどちらをするにも最高の環境ですよ♪ 北国のゆる〜いミニマリスト!そしてヒュッゲ!