ミニマル&ヒュッゲ

ヒュッゲな街・旭川を勝手に宣言してみる♪

全国のヒュッゲファンの皆さんこんにちは!

 

ヒュッゲとは?

いきなりヒュッゲという言葉を出してしまいましたが、ヒュッゲをウィキペディアで調べてみると・・・

もしかして: ヒューズ
このウィキでページ「ヒュッゲ」を新規作成しましょう。検索で見つかった他のページも参照してください。

ウィキペディアより

あれれ、2017年末では日本語ウィキペディアでは検索結果に出てきませんね。じゃあhyggeで検索してみましょう。

Hygge (/ˈhjuːɡə/ HEW-gə or /ˈhuːɡə/ HOO-gə) is the Scandinavian word for a mood of coziness and comfortable conviviality with feelings of wellness and contentment. Over recent years, hygge became a defining characteristic of Danish culture.

From Wikipedia, the free encyclopedia

こちらによると居心地の良さ、快適な幸福感というデンマーク文化の特徴となっています。新しく日本に入ってきた言葉・概念であり、日本語に適した言葉が無いことからまだウィキペディアに無いのでしょう。でも次第に日本でも知られるようになってきました。ワタクシも最近知ったばかりの言葉です。

 

大量生産・大量消費をしてきた先進国の人々が将来への不安を抱くようになり、また本質的な幸せを求めるようになってきた人々によって支持されている生き方・考え方・行動だそうです。

またミニマリズムの先にあるシンプルな生き方とも考えられており、ミニマリズムに暖かさ・心地よさをプラスしたものと言う方もいます。自分もシンプル好き・ミニマリズム的な考えは好きなのでヒュッゲに非常に興味があります。

 

温かいキャンドルの灯りに包まれた旭川の嵐山ビジターセンター

 

amazonにも関連本がいくつも出てますね。

 

 

 

 

ここ北海道の旭川は、ヒュッゲという言葉を産んだ国・デンマークと同じく冬の気候はとても厳しいです。同じ北海道でも札幌のような大都会ではないし地下街も無い。他の地方都市同様に中心街の商業施設が撤退したり暗い話題も多い。でも今のところ適度に人口はいる(2017年で34万人)ので都会的で便利な生活は出来るけど、孤立を感じてる人もいるかもしれない。

なので街に暖かなヒュッゲ的な考えが広がればそんなに悲観的に考える必要はないかもしれないですね。大勢で大きな場所でワイワイやるもの楽しいかもしれませんが、気の知れたごく数人の仲間とゆっくりとした暖かな時間を暖かな場所で過ごす・・・良いと思いませんか?

またデンマークでは家の中で過ごすことを重視するため、椅子を初めとした家具選びに物凄く心を使うそうです。旭川には旭川家具がありデンマーク家具との繋がりがあるのも偶然ではないかもしれません。

旭川でもヒュッゲに共感してコンセプトに取り入れたイベントが出始めてます。

 

 

ヒュッゲという概念そのものが、1つの大きな光というよりも小さなロウソクの灯りの集まりのような感じがするので、ミチヒトさんの緩く長くってのがイイですね。これからも楽しみです。

 

そしてクリスマス・イブを翌日に控えた12月23日に旭川の嵐山ビジターセンターでキャンドルイベントが開催されました。

キャンドル1つ1つに火を灯していきます

 

子供達もお手伝い ロウソクの炎で赤く照らさてる顔がカワイイです

 

振る舞われたあったかココアを飲みながらキャンドルの火を眺める

 

キャンドルの隣の森のブランコで遊ぶ子供達 呆れるほど元気!

 

キャンドルの灯りは癒やされますねぇ。

キナリノ:“ヒュッゲ”に欠かせない癒しの灯り。デンマーク流「キャンドル」の使い方

と言うわけで、旭川にはヒュッゲに過ごすのにピッタリな要素がある!と思うので宣言します。

 

ken2
ken2
 ヒュッゲな街・旭川!

 

ABOUT ME
ken2
北海道旭川在住の40代ヒゲボウズ。2017年に埼玉から移住してきました。 旭川/移住の情報を中心に発信します。 趣味はスノーボードとロードバイク。旭川はどちらをするにも最高の環境ですよ♪ 北国のゆる〜いミニマリスト!そしてヒュッゲ!